ブログ

黒くならない!象牙質をカバーする新しい複合体

岡山大学学術研究院医歯薬学域(歯)の高柴正悟教授らの研究グループがむし歯や知覚過敏症となる歯の象牙質をカバーする新しい複合体を開発したそうです。

      

これは、歯に付着する酸化グラフェンを銀イオンとフッ化カルシウムと結合させたものです。

むし歯の進行を抑制するために用いるサホライドでは「真っ黒」に変化し塗布したことが分かりました。

しかし、この新しく開発されたものは歯の象牙質の色で留まります。

今後は、動物実験で効果を確認した後に、人への応用が計画されているそうです。まだ時間はかかりそうですが、新しい材料がどんどん出てきますね。

関連記事

  1. 保護した認知症高齢者をAIがパノラマを使って照合
  2. 中四国事務所開設
  3. 歯の再生治療薬につながる中和抗体開発に成功
  4. AIによるインプラント判別システム
  5. 次の診療報酬改定に向けての評価
  6. 歯科医院経営通信Vol.79 「自費治療を増やす際の『障壁』につ…
  7. 日本発の新しい骨補填材
  8. 歯周病デジタルPCR検査
PAGE TOP