ブログ

カテキンの抗菌効果

東北大学によると

緑茶に含まれる主なカテキンである

EGCG(エピガロカテキンガレート)によっておきる

口腔レンサ球菌に対する抗菌効果のメカニズムを発見したそうです。

【サマリー】

  • 緑茶含有濃度と同等濃度のEGCGが、う蝕関連菌を死滅はさせないものの、う蝕の直接の原因となる酸産生を抑制する
  • EGCG自体にpH緩衝能とpH低下を防ぐ力がある
  • これらの抗菌効果は唾液の存在下でも持続する

死滅させない程度のため、常在菌を過度に取り除くこともなさそうですね。

カテキン配合のグッズ類もすでにありますが、これから増えていくのかもしれません。

関連記事

  1. 人は日中も無意識に噛みしめて歯をすり減らしてしいる可能性
  2. Lionの歯茎の状態をチェックするアプリ
  3. トレジェムバイオファーマが無歯症治療薬の治験を開始
  4. 歯の神経が再生する治療
  5. 口腔内細菌による血管炎症はがんの転移を促進する
  6. 歯と口から始める健康寿命の伸ばし方
  7. 小児の口唇閉鎖不全は30.7%
  8. 「歯の本数が多く、かみ合わせが良いほど医療費が低い」サンスター調…
PAGE TOP