ブログ

本年もありがとうございました

本年もありがとうございした。

 

今年はどんな年でしたでしょうか?

 

歯科医院は新型コロナの影響がほぼありませんでしたが

スタッフの罹患などによって大変だった医院は多かったと思います。

 

治療の原材料費が高くなっており、粗利は低くなってきています。

歯科の場合は輸入に頼っている材料や機器も多く

おそらく、この状況は続きます。

 

一方で、人件費も上がってきています。

 

そして

原材料と人件費は上がれど、保険点数は上がりません。

 

保険でも時間当たりの利益が高いものを伸ばす

自費でも利益が残るように商品化する

など、改めて見直しておきたいですね!

関連記事

  1. 歯科医院経営通信Vol.58 「広告規制について対応できています…
  2. AIが患者さんへのメッセージを提供
  3. パラジウムの金属アレルギーの仕組解明
  4. 社会的接触と寿命
  5. 令和3年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止継続支援 補助金
  6. 新年あけましておめでとうございます。
  7. 歯科医院経営通信Vol.52【患者さんの行動を促す方法】
  8. 「国民皆歯科健診」が初めて自民党の「公約」に
PAGE TOP