ブログ

P重防算定歯科医院は35%

東京歯科保険医協会によると、昨年新たに導入された歯周病重症化予防治療(P重防)を算定した歯科医院は35%に留まっているそうです。

 

予防には保険が適用できないという回答を出した、いわゆる「グレーゾーン解消制度」の発表が2015年1月でした。

あれから6年・・・。

か協診が始まり、P重防が始まりました。

 

明らかに予防に保険が適用されるようになってきています。

 

あのグレーゾーン解消制度の発表は何だったのか・・・という思いもありますが  

都内での算定医院がだいたい3件に1件しかないということですので

非常に勿体ない気がします。

  

また、同じ医院でもDHにより算定漏れがあることもあります。

当たり前にやっているだろう・・・そう思っていることも

今一度見直してみると、意外な漏れがあるかもしれません。

関連記事

  1. 非常時のお口のケア
  2. 12歳児DMF歯数0.74本 過去最低を更新
  3. 口腔機能低下は自覚と結果に乖離
  4. 「口から食べる」ことが全身の健康に関わるメカニズムを解明
  5. 歯科診療認識AIチェアユニット
  6. 「国民皆歯科健診」が初めて自民党の「公約」に
  7. 歯科医院経営通信Vol.94「医院改革の前提は自費率にあり!」
  8. 咀嚼能力検査20.9%増、咬合圧検査15.7%増
PAGE TOP