【ブログ更新】保護した認知症高齢者をAIがパノラマを使って照合

大阪府大阪狭山市によると

地元の近畿大学病院、狭山美原歯科医師会と連携し

事前に登録したパノラマの情報を基に、保護した認知症高齢者の身元をAIを活用して

スムーズに特定する取り組みを10月から始めるそうです。

行方不明になる恐れがある高齢者について、

家族らから希望を募り、事前に撮影して登録。

身元がわからない高齢者を保護すると、

歯科医院で同画像を撮影し、

合致する人がいないかを

AIがわずか10秒ほどで判定するようです。

AIを活用する場面が増えてきていますね。

新着のお知らせ

TOP