【ブログ更新】歯周病が大腸がんに関連する細菌に影響する

横浜市立大学医学部 肝胆膵消化器病学教室 中島 淳教授、日暮 琢磨講師、吉原 努医師らの研究グループは、横浜市立大学附属病院 歯科・口腔外科・矯正歯科の來生 知診療教授らと共同で、大腸がんの発がんや進行に関連しているとされるフソバクテリウム・ヌクレアタム(Fusobacterium nucleatum)という細菌が、歯周病の治療により便中から減少することを臨床研究において明らかにしました。フソバクテリウム・ヌクレアタムが減少することで、大腸がんの発がんや進行に対する新規予防法の開発の原動力となる可能性を示しています。

ただ、なぜ歯周病治療で便のフソバクテリウム・ヌクレアタムが減少したのか、そのメカニズム解明までには至っていませんが、歯周病の影響は全身に影響することが改めて確認できました。

新着のお知らせ

TOP