【ブログ更新】歯周組織を誘導するチタンインプラント

東北大学によると、

  • ヒト歯根表面の物理的性質を模倣するように表面特性を改良したチタンインプラントを開発した
  • この生体模倣チタンインプラントは、埋植部位に存在する内因性幹細胞に働きかけることから、生体本来の再生能力を活性化させ、細胞移植をしなくても、天然歯周囲にあるものと同等の歯周組織を誘導できる

とのことです。

 

従来のチタンインプラントは、オッセオインテグレーションでくっついていただけでしたし、HAインプラントでもバイオインテグレーションでくっついただけのものでした。

ですが、今回開発されたチタンインプラントは歯周組織をも再生させるもののようです。歯周組織が再生されないことによる多くの弊害が無くなるわけです。

これが製品化されれば相当画期的な治療となると思うのですが、まだしばらく時間はかかりそうです。

新着のお知らせ

TOP